大学を卒業後、そのまま両親から離れたこの大阪で私が仕事に就いてから、もうかれこれ5年となります。その間、学生時代から付き合っていた恋人と別れたり、その影響で住んでいた下宿を引っ越したりと色々なことがありましたが、別に何かのトラブルに巻き込まれたなどということは無く、おおむね平和に過ごしてきました。
新卒採用されたから勤務し続けている会社も、入りたてのころは不慣れなことが多くて大変な側面もありましたが、今はすっかり慣れて忙しいながらも充実した毎日を送っています。

「このままプライベートも仕事も、平穏に日々が過ぎていけばいいなぁ」などと私は考えていたのですが、つい先日、こんなのんびりとした気分を吹き飛ばすような事件がおきました。
何と会社に泥棒が入り、金銭やノートパソコンなどが盗まれるというトラブルが発生したのです。しかもこの泥棒、どうもピンポイントに「金目のもの」を狙っていたと見えて、経理部の責任者の机を中心に荒らし回っていたとのこと。もちろん、この経理の責任者も机に鍵はしっかりと掛けていたらしいのですが、ピッキングでそのセキュリティを破られてしまったようなのです。
ちなみに、警察の方によるとその手際がずいぶんと見事らしく、その後しばらく社内では「もしかして、うちの事務机の鍵穴はピッキングしやすい構造か?」などと話題になったりしました。

私はと言えば、学生時代から考えても、身近でこんな風に何かの事件が起きたことはこれまで無かったので結構動揺してしまったようで、親しい同僚から「顔色悪いけど、大丈夫?」と心配されてしまいました。
「やはり、ふとした弾みに色んなトラブルはおこるものなんだな」と、改めて社会の怖さを感じた私なのでした。