皆様こんばんは。今回は鍵穴で一番多いトラブルについてお話させていただこうと思います。

鍵というもののトラブルで、一番多いのは言わずもがな「紛失」トラブルが非常に多いとは思いますが、これは鍵を無くしてしまった単体のトラブルです。実は鍵を紛失しない「鍵穴」に鍵を差し込んで、根本で折れてしまうトラブルというモノが非常に多い鍵の事故であります。

鍵とは、非常に固い鉄で出来た物です。固い金属は柔らかい物とは違い、部分的にかかる負荷が非常に強いものです。これが何年も続くと、金属の一番力が掛かってしまう場所に金属疲労が溜まって「経年劣化」を起こし、鍵を回した時に根本から折れてしまうメカニズムとなっているのです。

もし、鍵が折れてしまったとしても焦らないでください。今はスマートフォンも普及し、少し調べれば近所の鍵のお店や緊急に対応可能な鍵のレスキューといったサービスが多く存在しています。そして、鍵だけではなく家の鍵穴自体もサビなどにより回りにくくなっていたりしますので、一概に鍵の劣化だけとも言えなかったりします。

毎日使っている物ですが、このようなトラブルは意外と皆様にとって想像しにくいトラブルでもありますので、古い鍵をお使いのお宅はトラブルが起こってしまうまでに、一度は工務店の方にご相談される事をオススメいたします。