現在の鍵の中で、一番ピッキングの解錠方法に強い耐性があるのはディンプルキーという少し変わった名称の鍵です。このディンプルキーは、名称も変わっているとともに、その形状も普通の鍵とは少し違っておりギザギザはなく、鍵のブレード表面に窪みのような穴が空いているのが大きな特徴でしょう。さて、このディンプルキーはピッキング対策に力を入れている方にとってはどうしても導入したい、そして設置したい鍵の一つでありますが、どのようなものにも表と裏がありますので、当然このディンプルキーにもメリットとデメリットが存在しています。では、導入する前に知っておきたいディンプルキーのメリットとデメリットはどのようなものがあるか、少しだけご紹介いたしましょう。

まずディンプルキーのメリットとしては、やはり先ほども述べたように高い防犯性能が挙げられます。従来の鍵のシリンダーとは全く構造の違った鍵穴をしていることから、今までのピッキングの技法では確実に解錠することができないタイプの鍵なので、理論的にはまずピッキング被害に遭うことはありません。ですので、家屋のセキュリティを高めたい場合には確実に導入しておくべき鍵であると言えます。

では逆にディンプルキーのデメリットは何でしょうか。これについては、防犯性の高さから非常に複雑な構造をしていることが仇となっている面がデメリットに当たると考えられます。鍵は複雑になるほど少しの異常があると故障した状態になってしまいますので、ディンプルキーもその複雑性から埃が入ってしまったり錆が少しでもできてしまったりすると鍵が正常に作動しなくなってしまうのです。そのため、ある程度頻繁に鍵のメンテナンスを行わなければならないというコストや時間のロスがデメリットとして挙げられるでしょう。

以上がディンプルキーのメリット、デメリットになります。購入を考えている場合、参考にしていただければ幸いです。